2013年06月29日

Bosnian Rainbows『Bosnian Rainbows』CDレビュー

Bosnian Rainbows『Bosnian Rainbows』

2013年6月25日 発売

セドリックの脱退により活動を休止したマーズ・ヴォルタのオマー・ロドリゲス・ロペス率いる新バンド、
ボスニアン・レインボウズ。
メンバーはオマーの他、ボーカルのテリ・ジェンダー・ベンダー、ドラムのディーントニ・パークス、
キーボードのニッキ・キャスパーからなります。

先行公開された「Torn Maps」「Turtle Neck」を試聴した限りでは、
てっきりポップロック路線でいくのかと思ってましたが、
いざ届いたCDを聴いてみたら完全にイメージが崩壊。
決して激しいアルバムではありませんが脳髄を静かにかき乱していく音楽。

ニッキと、曲によってはオマーも弾くVirusTiシンセの音色やテリのボーカルスタイルの影響か、
デュラン・デュランやジョイ・ディヴィジョン、トーキング・ヘッズを彷彿とさせ、
ポストパンクの、またリバイバルとも違う独自解釈で仕上がった作品だと言えます。
ドラミングと同時にキーボード演奏を行うディーントニのパフォーマンスにも驚きを禁じ得ません。

これだけの面子が揃いながら表現力が喧嘩せずまとまっていて、
異彩を放つ強烈なサウンドを鳴らしているのはまさに奇跡的な現象。
完成度は高いですが、まだフルスロットルではないと感じたので、今後も期待出来ると思います。

オマー関連として、アット・ザ・ドライヴインやマーズ・ヴォルタの際のハードな作風に敬遠してた方、
落ち着いたアート志向のロックを聴きたい方にお勧めです。
posted by Valon at 20:52| Comment(0) | CDレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月26日

編曲

ロック・バンド側で、ボーカルから頼まれた編曲がつい先ほどに終了。

作曲が自分だったら好き勝手にいじり倒すんですけど、
メンバーから受け取ったものとなるとあまり原曲から離れすぎても元の良さがなくなるので、
今回はシンプルに旋律と展開はそのままに、ギター、ベース、ドラムを足す感じにしました。

ちなみに曲の公開はありません。完全に別名義ですし。

同人音楽のほうは、ボーカロイドを導入するか否か検討中です。
これなら最低一人でも動けるし、作った曲も動画にして次々に投稿できます。
実際は著作権フリーか、イラストレーターさんから許可を得てCGを借りて、
一枚絵の動画にしてアップロードすることになりそうですけど。

週末にでも楽器店のDTMコーナーを覗いてくるとします。

2013年06月15日

近況

正直な話、同人音楽活動は進んでおりません(泣)
今年のはじめに決まってたボーカルさんも仕事が忙しくなって脱退してしまいましたし。

募集をかけ直してもこのジャンルだと加入希望者が現れないんですよね。
ボカロ、東方、アニソン曲のコピーなら来やすいのでしょうけど。
同人音楽でオリジナルとなると、そこまでの意識を持っている人が少ないようです。

そのかわり、従来からやっていたポップ・ロック系のバンドの動きのほうが活発になってきています。
とりわけメンバー集めやら。
今はこれに焦点をしぼっていこうと思っています。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。