2013年11月09日

Go-qualia『Xeno』CDレビュー

Go-qualia『Xeno』

2013年11月11日 発売

―彼が観た宇宙―

宇宙間での交信から幕を開ける、タイトルトラックでもある「Xeno」。
続く「Heliosheath」ではチルアウトな曲にゲストのやなぎなぎさんのボーカルと、
門脇舞以さんの朗読が見事に絡み合っています。

全編Go-qualiaの真骨頂かつ『Puella Magi』には見られなかったフォークトロニカ風の「Pleiades」や、
やなぎなぎさんの歌声を加工し構成する「Oort Cloud」など新しいアプローチが加わっており聴き所満載です。
その中で「Betelgeuse」はゲストのお二方が再共演する緩やかに展開していく曲で、
さまざまな感情が言葉や音となり渾然一体となって迫ってくる幻想的な楽曲にひたすら驚嘆し、
すっかり気に入りました。
「Coalsack」も暗黒星雲を表現した、Remnantのラストを飾るに相応しい危うくも美しい曲です。

コンセプトには観測宇宙と星の一生を扱っていますが、本作を聴いて、
エレクトロニカを中心とした音楽的手法は彼にとってテーマを演出する手段に過ぎないと感じました。
また、ほとんどの曲名が天文用語や星の名前および言葉なので、意味を考えて聴くのも面白いです。

トラックメイキングは尤もながら作詞まで手掛けた点において、
Go-qualiaがいちソングライターとして素晴らしい事を確認出来たアルバムです。

最後に余談を。
宇宙の仕組みに関係するヒッグス粒子の研究(無論多方面で宇宙の調査は年々進んでいますが)が、
ノーベル賞を受賞した日の前後に『Xeno』の発表がありました。
しかしこれは、前作でのGo-qualiaのインタビューを振り返れば、Twitterの発言ではおどけつつ、
制作時には相当に研究熱心な面を見せる彼の事ですから、以前から取り上げたいテーマが実って重なった、
素敵な必然なのだと思いました。
posted by Valon at 22:56| Comment(0) | CDレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。