2013年10月25日

N-qia『Fringe Popcical』CDレビュー

N-qia『Fringe Popcical』

2013年10月26日 発売

―ポップアートな音の魔法―

ファーストアルバムの発表と同時にSerphであることを明かしたTakmaと、
ヴォーカルNozomiによって2010年に結成されたユニット、N-qia。
今作ではSerph名義で一際感じられたジャズの要素は見られず、
Nozomiの羽ばたくように囁く歌声と煌びやかなサウンドで構成されています。

タイトルからは、Fringe=過激、Pop-cical=大衆のクラシック、と、
後者は造語でしょうが、とてつもなくポップでありつつも攻撃的である事が分かります。

「shootingstar」「cocoonsong」で顕著で、全曲通してもそうなのですが、
まるで織機やガジェットを動かしている手作り感のある音が心地好いです。
動画も先行公開された「tree」は既に何度も聴きましたが、
改めて音の配置が綿密な楽曲だと気付きました。
中にはダウナーな旋律と環境音が融合した「someday」や展開の激しい「tobu」など、
バリエーションに富んだ作品となっています。

あらゆる音楽の手法が取り入れられていて実に情報量が多く、
体験してみてとしか言えないくらいの内容です。

全く異なる表現の音楽家ですが、国府達矢の『ロック転生』を想起しました。
どんな言い訳も皮肉もなく純粋にポップ・ミュージックを追求して、
非現実的な音楽によって楽しませる遊び心のある趣き。
聴いた後にはとても満たされた気持ちになりました。

N-qiaの二人がいまの状況に対する大切な想いを音に込めたであろう、
絵画のように鮮やかな作品です。
posted by Valon at 19:46| Comment(0) | CDレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。