2013年11月21日

downy『第5作品集『無題』』CDレビュー

downy『第5作品集『無題』』

2013年11月20日 発売

―渾身の傑作―

downy9年振りのアルバムは最初はじわじわと、
そして急に堰を切ったように止め処なく音の津波が襲い掛かってくるという印象です。

第1作品集の頃からずっと感じていたのですが、
ギターが音響面で鍵盤に近い役割として鳴らされており、
とりわけ今作では最大限に活かされています。
リズムの反復や静と動という意味で正確無比な人力エレクトロニカと形容出来ても、
全く踊れないベースとドラムのリズム隊は健在。

これまでは英語的な発音という訳でもなくあくまで日本語の詞でありながら、
あえて聞こえることを回避し一つの楽器として機能させていたボーカルですが、
この5作目では「下弦の月」のように少し聞き取れそうなリスナーに寄り添った曲があります。
しかしそんな柔らかい感覚は、彼らが奏でる音塊が容赦なく吹き飛ばしてくれること受け合いです。

「曦ヲ見ヨ!」「春と修羅」「燦」といったそれぞれの曲を紐解いていけば、
フレージング等は意外とシンプルなロックの方法論に則っているものの、
それを彼らは完全に消化して別次元の物にしているのが他のバンドと一線を画している理由でしょう。

捨て曲なしと言葉を耳にして、本当かなと考えてしまうほうなのですが、
このアルバムに関してはその言葉が当てはまると思いました。
「『 』」からクリーンなギターリフが心地好い「椿」まで微塵も隙がありません。

downy作品でも飛びっきりに複雑にもかかわらず決して難解ではない聴き易さがあり、
楽曲の凄まじさに気圧されるのと同時に音楽の可能性を感じました。

これは現時点で到達し得る最高レベルであり、日本人の感性だからこそ生まれた、
怪物のごときマスターピースだと思います。
posted by Valon at 22:55| Comment(0) | CDレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

Go-qualia『Xeno』CDレビュー

Go-qualia『Xeno』

2013年11月11日 発売

―彼が観た宇宙―

宇宙間での交信から幕を開ける、タイトルトラックでもある「Xeno」。
続く「Heliosheath」ではチルアウトな曲にゲストのやなぎなぎさんのボーカルと、
門脇舞以さんの朗読が見事に絡み合っています。

全編Go-qualiaの真骨頂かつ『Puella Magi』には見られなかったフォークトロニカ風の「Pleiades」や、
やなぎなぎさんの歌声を加工し構成する「Oort Cloud」など新しいアプローチが加わっており聴き所満載です。
その中で「Betelgeuse」はゲストのお二方が再共演する緩やかに展開していく曲で、
さまざまな感情が言葉や音となり渾然一体となって迫ってくる幻想的な楽曲にひたすら驚嘆し、
すっかり気に入りました。
「Coalsack」も暗黒星雲を表現した、Remnantのラストを飾るに相応しい危うくも美しい曲です。

コンセプトには観測宇宙と星の一生を扱っていますが、本作を聴いて、
エレクトロニカを中心とした音楽的手法は彼にとってテーマを演出する手段に過ぎないと感じました。
また、ほとんどの曲名が天文用語や星の名前および言葉なので、意味を考えて聴くのも面白いです。

トラックメイキングは尤もながら作詞まで手掛けた点において、
Go-qualiaがいちソングライターとして素晴らしい事を確認出来たアルバムです。

最後に余談を。
宇宙の仕組みに関係するヒッグス粒子の研究(無論多方面で宇宙の調査は年々進んでいますが)が、
ノーベル賞を受賞した日の前後に『Xeno』の発表がありました。
しかしこれは、前作でのGo-qualiaのインタビューを振り返れば、Twitterの発言ではおどけつつ、
制作時には相当に研究熱心な面を見せる彼の事ですから、以前から取り上げたいテーマが実って重なった、
素敵な必然なのだと思いました。
posted by Valon at 22:56| Comment(0) | CDレビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月04日

【IA】ディープブルー【オリジナル】


作詞、作曲:木津有一 a.k.a. Valon

銀河鉄道のマーチが 自由落下を従えてゆく
オーロラをまたいで 細胞が響くまで

早朝におとずれた 狂戦士のぬいぐるみ
25回扉を叩く 空つらぬく塔のてっぺんで

あなたは私の魂に 真珠をみつけたの フィズに浸かった手紙
どんな気持ちで綴ったのかよく分かるわ だって

まざまざと化物が身体に 種を植え尽くしている
逃亡という名の実を結んで 救世主が降り立つ
深い悲しみも五分五分の 霧のお菓子へと変えて
無防備な砂時計がきざんだ 深海の姫よ

燦然なロードムービーには うかつな罠がいっぱい
輪廻じゃないのなら 殻なんて破るの

音飛びするレコードが 即興をはじめる
下弦の月の子の 切り札の磁力ね

あなたが私の瞳に ながれ星つきさした すべり落ちて消える
からかったりなだめたり どっちがほんとなの 聞かせて

いっしょに飛ぶのなら屋根からでも 崖のうえからでもいいわ
薬指つないで足を踏み出す 安心しきっているから
ほの暗い海の下で揺らいだ 太陽ながめている
スノー・フレーク敷きつめられた きれいだよカナリア

おもちゃの兵隊は荘厳なスプーンで 夜光塗料の水平線えぐる
星の生まれからほろびを描く 烏を犠牲にして
小さな砂の舟じゃ2人とも 沈んでしまうけど
もうたどり着いているのね マグ・メルの地に
posted by Valon at 16:46| Comment(0) | 音楽活動(ボーカロイド) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。